だから大佐が好き!

『BLOOD+』を観ていて、「あっ」と思うことがありました。

いつも主人公を陰になり日向になり見守り、キッチリとした堅い態度を崩さなかった“デヴィッド”というキャラが、
ある大きなショックを受けて自暴自棄になり、酒浸りの生活を送っているシーン。

アニメ鋼の大佐の描写に通じる部分がある気がして。

鋼の15話で、自ら荷担する結果となったイシュヴァールの惨状を目の当たりにした大佐。
自室に籠もり、人体錬成を秘かに試みるまでに精神的に追いつめられる。

いつも「食えないヤツ」を演じていた大佐の、心の奥底に抱える苦悩が描写されました。


女性から見ると【落ちこんでぐだぐだになった男ってヤダ!】と感じる人が多いかもしれないけど、
男性から捉えれば【男だって泥沼に足を取られることがある】。

大佐もデヴィッドも、そんなシーンがあるから好きなんです。

今回、逞しい青年となったカイに殴られたデヴィッドが、そのままずるずると倒れ込むカットなんて
『やってくれるなぁ!スタッフ!』
と唸りました。

これだから“土6”は目が離せない★


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック