アクロイアへようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 逢坂浩司さん追悼展示会&トークライブに参加しました

<<   作成日時 : 2007/12/02 22:40   >>

かわいい ブログ気持玉 12 / トラックバック 2 / コメント 0

昨日、ついに行ってまいりました。 杉並アニメーションミュージアムで開催中の『逢坂浩司さん追悼展示会』

こちらがミュージアムの全景です。荻窪駅北口から0番・1番乗り場のバスに乗って5分ほどで到着。
「荻窪警察署前」のバス停で降ります。

画像


入り口には、追悼展示会の案内板が☆ もちろん、入館無料。

画像



エレベーターで3階へ上がると、そこはアニメーションの博物館。

いざ、追悼展示会のコーナーへ。

ニッコリ笑った逢坂さんの紹介パネル、毎日映画コンクールやアニメーション・オブ・ザ・イヤーのグランプリのトロフィーが並んだケース、逢坂さんとゆかりの深い方々の追悼メッセージ&イラスト。

そして。

すごい……!!!!

逢坂さん直筆の本編に使用した原画、設定画、版権絵の原画、さらに逢坂さんが描き下ろした漫画の原稿がズラリ

ボンズ・南社長が自ら選んだあのイラスト、この場面の原画が勢揃いしているのです


もちろん『ダーカー』からは、アニメージュ別冊付録【黒の契約書】の表紙になった美しい黒(ヘイ)が


逢坂さんの手でクリーンアップされた直筆の黒の原画。

そして、同じ構図に影指定と目のハイライトの指示が丁寧に書き込んである「黒」。


病と闘っていることを全く感じさせない黒の強い視線と微笑。


じっと見入っていたら、不覚にも涙がブワッと滲んできてしまって……。


逢坂さん、本当にお疲れ様です……。


最後の最後まで、こんなに素敵なキャラクターを描いてくださって、本当に、本当にありがとうございました


ううう…また泣いてしまう……


逢坂さんがキャラクターデザインを手掛けた『Vガンダム』『Gガンダム』『機巧奇傳ヒヲウ戦記』『絢爛舞踏祭 ザ・マーズ・デイブレイク』『獣王星』、アニメーションディレクターを務めた『天空のエスカフローネ』、さらに『カウボーイ・ビバップ』『天保異聞 妖奇士』などの数々の原画たち。

どれも緻密に描き込まれていて目が離せません

こうして見ると、改めて逢坂さんの幅広い活躍に圧倒されます。 『Gガンダム』と『獣王星』、全く作風が違うんですよね。凄いなぁ…。


天井から吊り下げられた12枚のボードには、逢坂さんの描いた版権イラストが綺麗なカラーで印刷されています

あの黒(ヘイ)もいますよ


逢坂さんへのメッセージは、受付で頂いたポストカードに書いて渡すとボードに貼って展示してくださるのですね。

遠く和歌山県から、はるばる逢坂さんの原画を見るため来館された方のカードも

黒(ヘイ)を描かれた方もいらして、ついついどれもじっくり読んでしまう



いよいよ午後1時。 座談会に申し込んだ方のシアターへの入場が始まります。

あの日、正午に受付がスタートするということでスタンバイし、12時4分にメールを送信したところ、すでに28人もの方が申し込んでいたと知ってびっくり。

何とか55人の中に入って良かった…


拍手の中を登場したゲストの方々は、今回の追悼展を企画したボンズの南社長、逢坂さんとアニメアールでともに活躍した吉田 徹さん、糸島雅彦さん、沖浦啓之さん、浜川修二郎さん、小森高博さん、木村貴宏さんというアニメ界を代表する錚々たる皆さん。

逢坂さんも会場にいらしていて「おおっ、よく揃ったなぁ。楽しい話にしてくれよ」と喜んでくださっているような気がします


私の席のちょうど真正面に小森さんが座られて、もう頭の中は真っ白…


次々に語られる逢坂さんの思い出。

熱く真面目な熱血漢で、先輩の吉田 徹さんにも思わず説教してしまう逢坂さん。

どんなに忙しくても自分の担当する仕事を完璧に仕上げ、さらには他の方々の仕事をどんどん手伝っていく逢坂さん。

隣の席なのになかなか顔を合わせる機会のない後輩の木村貴宏さんをからかおうと、アイドルのシールを透過台(トレース台)の全面に貼り付けるお茶目な逢坂さん。

ダジャレが大好きで、今もアニメアールで続く【ぴろじ賞】(逢坂さんが冗談でよく飛ばしたギャグ「おーさかぴろじです〜!」が由来)のエピソード。

沖浦啓之さんと夜食を食べている時、お店の人に絡むお客に我慢できず、スックと立ち上がり「じゃかあしいっ!」と啖呵をきった正義漢の逢坂さん。

後輩の小森高博さんが悩みを相談すると、持ち前の世話好きな性格を発揮して話を聞き、温かなアドバイスをくれる逢坂さん。


普通の何倍も凝縮された仕事をして、こんなに多くの人々に愛されて、人生を駆け抜けていった逢坂さん……。


たくさん笑って、泣いて。 とても充実した座談会でした。


南社長、ゲストの皆様、本当にありがとうございました


逢坂さんの温かくて熱い人柄が伝わってきて、何度も目頭が熱くなりました。 今こうして書いていても、また泣けてきてしまいそうです…。



若い逢坂さんが原画を描いた『星銃士ビスマルク』の最終回、そして『碧き流星SPTレイズナー』の最終回。 さらに作画監督を担当した『WOLF'S RAIN』の3話と11話もしっかりシアターで堪能。
音響が良くて大画面で、嬉しい


追悼展示会は9日(日)午後3時まで
またぜひ足を運んでじっくり観たいと思います

皆さまも、ぜひ




杉並アニメーションミュージアム



人気ブログランキング


にほんブログ村 アニメブログへ




DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 6 (完全生産限定)



DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 6 (完全生産限定) [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アニメーター・逢坂浩司展 追悼展示会
2007年9月24日に亡くなられた、ボンズ取締役でアニメーターの逢坂浩司さんの原画展(杉並アニメーションミュージアム)に行ってきました。行ったのは12月2日のトークショーが実施される日です。 事前申込 ...続きを見る
在庫管理
2007/12/04 19:53
逢坂さん追悼展示会は、明日までです
デザインテンプレートを金曜カレーのまま放置してました。すっかり忘れてました。ははは(汗)杉並アニメーションミュージアムで開催中の、逢坂さん追悼展示会は、明日までなので、せめてもう1回!と、出かけてきました。前回と同じく10時半ぐらいでしょうか、会場入り... ...続きを見る
あさりの楽天倉庫
2007/12/08 23:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
逢坂浩司さん追悼展示会&トークライブに参加しました アクロイアへようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる