アクロイアへようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 25話感想・その2 「黒(ヘイ)と白、アンバー」

<<   作成日時 : 2007/10/02 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『DARKER THAN BLACK -黒の契約者-』第25話の感想を、引き続き。

第1弾はこちらです。


白も、アンバーも、もしかしたら…

不可侵領域に呑み込まれて命を落とす街の人々について、5年前のヘヴンズ・ゲート消失の際は「仕方のないこと」と捉えていたのかもしれないですね。


あの南米で消失した地域の人々は、あるいは全く別の星などに移動して暮らしているのかも? と思ったのですが。

25話で黒が見た【本当の星空の下に広がる光景】を見ると、どうやらそうではないみたい。

物質変位によって、一般人は生きることのできない空間になっている模様。



ヘヴンズ・ゲート事件の前まで一致していた白とアンバーの思いは、白が兄の中に同化し、黒の心の動きや苦悩を自分で直に感じるようになってから、徐々に方向を違えていったのでしょうね。


アンバーは、『もう黒には一切の殺人をさせたくない。 だから、再びヘルズ・ゲートを不可侵領域で覆い、二度と組織の手が黒に及ばないようにしたい。 』

一方の白は、『不可侵領域を作ることで何の罪もない人々を一瞬にして消滅させることを、お兄ちゃんにはさせたくない。 組織に追われながら生きるよりも、お兄ちゃんは遥かに深く苦しむから。』


そしてアンバーも、黒が「俺には、できない…。」と、エクスプロージョンを拒絶するであろうことを予期していたはず。


だから、黒の願いに応えて時間を巻き戻すための対価を残しておいた。


その上で兄妹の再会を実現し、黒が会いたいと願っていた懐かしい人々との邂逅を果たさせる。


最後に黒の希望を叶えてエクスプロージョン前に時間を戻し、自らは対価を支払って消滅…。



《一人の命は数億の命より重い》と考えるアンバーさんには、残念ながら好感を持つことができなかったのですが、彼女の必死な思いが伝わってきました。



きっと彼女は、今まで色々な未来を経験してきたのだと思うのです。


早い段階で黒に全てを打ち明けた【未来】では、彼が燃やしていたアンバーへの怒りは解けるものの、黒は組織を抜けようとして命を落としてしまう。


今回のようにギリギリの場面で黒に事情を告げた【未来】でも、銀が勇気を振り絞って「帰ってきて!」と呼び掛けなければ、やはり黒は時間の狭間に呑み込まれて戻ってこれなくなってしまう。


様々な試行錯誤を経て、その度に時間を巻き戻し、黒と再会した時の16歳前後の姿となり、最後に今の方法に辿り着いたのでしょう。




今はあの本当の星空の下で、ノーベンバー11やニック、ホァンやマオたちとともに、静かに黒を見守っていてくれる。



長い旅路の果て、ようやく彼女に訪れた穏やかなひととき…。



もう、悪女のふりをする必要はない。 大勢の命を犠牲にすることもない。



どうか安らかに……










にほんブログ村 アニメブログへ


人気ブログランキング



DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 4



DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 4 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
25話感想・その2 「黒(ヘイ)と白、アンバー」 アクロイアへようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる