アクロイアへようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『黒の契約者』 李くんの名前「李 舜生」の意味は…

<<   作成日時 : 2007/05/30 12:35   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

アニプレックス★Mobileのトップページをチェックしたところ昨日・29日付けの待ち受けランキングでも黒(ヘイ)がトップ

最新の人気ナンバーワンの画像は「黒6: レインボーブリッジの駐車場にて、ゆっくりと振り返る黒」

黒〔李くん〕、このまま突っ走って



彼、普段は「李 舜生(リ・シェンシュン)」と名前を名乗ってますよね。

黒は本当は中国の人ではないから、自分でつけたか、あるいは他の人につけてもらった名だと思う。

ずっと気になっていたんです。 【「舜生」って、どういう意味なんだろう?】

『ダーカー』スタッフの皆さんはおそらく、中国語が分かる人にアドバイスを聞いて名を考えたんじゃないかな?


で、昔愛用していた漢和辞典が久しぶりに登場。

『角川 新字源』を開いて「李」「舜」「生」について見てみました。



まずは、「李」

有名な詩人の“李白”のように、中国の人に比較的よく見られる姓ですね。

意味: (1)すもも。 (2)おさめる。 (3)「行李」で、使者。 (4)裁判官

この場合は普通に考えると「すもも」なのかもしれませんが、なるほど〜☆ 「裁く者、使者」なんて、黒らしい感じです



次に、「舜」。 その意味は:

(1) つる草の一種。
(2) むくげ(木槿)。あおい科の落葉低木。
(3) 中国古代の聖天子、有虞(ゆうぐ)氏の名。帝尭(ていぎょう)から位をゆずられて帝位に就き、中国の諸制度を定めた。

舜華(しゅんか) : (1)人名。賢者として知られた。 (2)むくげの花。美人の顔にたとえる。

す、すごいよ李くん。 「高潔な人格を有する賢くて美しい人」……うん、合ってる気もする。



最後に、「生」

いくつも意味があって、その中で彼に一番当てはまると思われるのが:

(14)「勉学中の人」。 たとえば「学“生”」。

一応、李くんは建前としては「留学生」だから整合性はありますね。
「僕、学生なんです」というアピールにもなるし。




なので、李くんの名前 「李 舜生」 に込められた意味を自分なりに読み解いたら、こうなりました。↓↓



「優れた頭脳と人間性、さらに秀麗な容姿を備え、勉学に励む学生。
   そして人知れず敵を裁く、闇の使者。」



おおおっ、世を忍ぶ黒(ヘイ)の仮の名にぴったりではないですか〜

スタッフの皆さん、凄いっすよ



≪追記≫

その後もネットで調べていたら、『漢字質問箱その19』というサイト様に「舜」の字の素敵な解説を発見しました。

以下、抜粋してみます。

◆「舜は【炎(ゆれ動くほのお)+匸印+舛】で、炎のゆれや足ぶみのようなすばやい動作を示す。
急に咲いて早く散る華やかなむくげの花。 また、動作の機敏な華やかな英雄の名として、伝説上の古代聖王に当てられた。」

「古代の聖人の名であるという意味で、すばらしい命名ではないでしょうか。」


うふふ、やっぱり黒(ヘイ)=李くんはすごいぞ



DARKER THAN BLACK-黒の契約者-公式サイト



【完全生産限定版】DARKER THAN BLACK-黒の契約者- 1


【完全生産限定版】DARKER THAN BLACK-黒の契約者- 1 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
『黒の契約者』 李くんの名前「李 舜生」の意味は… アクロイアへようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる