アクロイアへようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『黒の契約者』 次回を推理してみる

<<   作成日時 : 2007/05/21 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『DARKER THAN BLACK-黒の契約者-』第7話。相次ぐ笑いに混ぜられていたシリアスなエピソードについて、ようやく考えられるようになってきました。

いやその、コメディがあまりに楽しくて f(^^;)



久良沢が取り違えた、契約者のジャケット

カフェの会計で気づいた契約者が「まさか、あいつが…」と厳しい目つきになったのは、財布が入っていたから、だけではなかった気がする。

黒(ヘイ)と初めて対峙する場面で彼は、【対価】を支払うために取り出した灰色の布の固まりをポケットにしまっているんですね。
それも、ジャケットの外ポケットに。

布をしまう手を、カメラが本人の後ろからアップで映していて、その時は「なぜここを強調するのかな?」と思ったのですが。
やはり意図があったのか…。

ジャケットがないと、すぐに対価を支払うことができない。 能力を発揮しづらい訳です。
新たに匂いをしみ込ませた布を用意するにしても、一旦家に帰るなり、何処かで入手するなどの時間が掛かる。


また彼は、今のところ単独で行動しているように見えます。

今までに登場した契約者達を振り返ると、その多くは仲間と(ジャンとポール)や雇用主と(ルーコ)、同僚と(ノーベンバー11とエイプリル)など、日常から複数で動いていました。

唯一の例外が、「人の心を持つ」黒。

そこには〔黒以外の契約者達は人間的な感情が薄らいでいるため、一人で過ごすことが難しい=サポート役が必要〕という背景があるのでしょうね。

視線を転じて、今回の契約者。

見知らぬ男(久良沢)に椅子をドン!と引かれてムッとしたり、舞い戻ってきた久良沢を見てと青筋が浮かんだり、少しだけ人間くささが覗きます。

【黒と改めて対峙した時、もしかして会話らしい会話が成立するかも?】と思わせる。


そして、黒。

ここで目指しているものは、おそらく同じ。 香水に秘められた、ゲートに関する何らかの情報。



二人の会話から何が明かされるのか、楽しみです。




未亡人・亜璃沙の目的は、『先妻のトシコが慰謝料として受け取った住居や財産』なのかな。
久良沢に「(先妻と自分と)奪ったのはどっちだか…」と述懐しているので。

すでに先妻が死亡しているのを知っていて、探偵を差し向けて遺体を発見させることでトシコの財産が自分のものになれば、と考えたのか。

某有名家政婦さんのドラマになりつつあります…(^^;)

黒が書棚整理のアルバイトとして潜入していたのは、「調香師からキャリアをスタートした」故・弓月の仕事に関係しているのでしょうね。

重役とはいえ、かなり破格の待遇を受けていた様子。

(知人の知人に某企業の重役さんがいまして、普段の生活はもっと質素。お手伝いさん無しで家族総出で家事をこなしています。)

フィオーレ化粧品という会社、ますます怪しくなってきました








【完全生産限定版】DARKER THAN BLACK-黒の契約者- 1

【完全生産限定版】DARKER THAN BLACK-黒の契約者- 1 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
『黒の契約者』 次回を推理してみる アクロイアへようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる