アクロイアへようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ダーカー・ザン・ブラック』第2話のロケ現場を歩く

<<   作成日時 : 2007/04/17 19:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

JR山手線に乗っていざ☆ダーカーの旅へ。目的地は、あの『DARKER THAN BLACK-黒の契約者-』第2話で、黒と千晶が向かった田町駅。

実は、公式ブログで始まったロケ地探訪の記事を読む前に、現地へ行ってしまいました(^^;)。
読んでいればもっと早く回れたかも…!

最初に地図を調べて、大体この辺りかな?と事前チェック。初めて降りる駅だから準備が肝心。
黒の背後に東京タワーやレインボーブリッジが映る場面があるけど、実際にそんな風景があるのかな?
知らない街へ行くのって、結構ドキドキ。



まずは、JR新宿駅から。【運行停止】と張り紙が貼られた総武線上りホームの表示板
アニメでは「11番線」でしたよね。確かに「13」だと、いろいろ考えてしまいそうだし。

画像


山手線は5分おきくらいの間隔で頻繁に発車しています。黒と千晶が乗った車両は空いていたことから、午前中だったのかも。


約25分で田町駅に到着。表示板もアニメそのまま♪

画像


階段を上って改札を通り、自由通路へ。最初は東口に降りたものの、あのコインロッカーは見あたらず。今度は三田口(みたぐち)側に出ます。
エスカレーターで地上に降り、駅側に回り込むと…

ありました〜! 黒と千晶がやって来たコインロッカーですよ

画像


エアコンのファンの位置まで一緒。 リアルだ!

黒が開けたロッカーは、「右から5列目・上から2段目」。彼の気分になってそっと開けてみる。

画像



後ろを振り返ると、ジャン達3人が降りてきた階段とロータリーが。

画像


確かにロッカーの前に立つと、かなり見通しが効きます。それで追っ手の様子が分かったのね。


さて、コインロッカー前から黒が千晶をうながして右手に歩き出すシーン。これを思い出しつつコインロッカーから右へ進むと、一見行き止まりのようなビルの陰に歩道が見えます。

画像


ロケ担当スタッフの皆さん、よく気づいたなぁ。パッと見ただけだと見落としそう。

この歩道を進むと、右側に可愛いお稲荷さんが祀られていたり。『ダーカー』のヒットを祈願してお賽銭を上げて手を合わせました♪

ここで、ビルの谷間を抜ける小道が現れます。付近はあまり人通りがないみたい。

画像


早く大通りに出ようと、黒が千晶の手を引いて走り、小道を抜けたシーンはここ。↓

画像


人が大勢歩いている大通りに出ると、黒と千晶は左側に折れて速度を落とします。このシーンはこちらが元になっているのかな。↓
車道は交通量が多くて、ひっきりなしに自動車が走っています。アニメでも車の効果音が聞こえていましたね。

画像


後ろの追っ手を不安げにそっと振り返る千晶。前だけを向いて歩く黒の視界に、三田署が入ってきます。

画像


おお、画面そのままだ〜! 右手には歩道橋の階段も見えますよ。これもアニメに映ってましたね。

ここなら、千晶を残して去っても大丈夫だと判断した黒。記憶を忘れるよう密かにショックを与えた上で、足早に歩み去ります。

黒が道を左側に曲がる時の光景。右側には歩道橋の橋脚。「札の辻(ふだのつじ)交差点」です。

画像


さらに足を速める黒。 この時、彼の肩越しに東京タワーが映るのですが。
…まさかね、と思っていたら。

あるよ!! 景色の真ん中に、でっかい東京タワーが!(@▽@;)ゝ

画像


黒が正面を向いて歩くシーンを重ねると、道路標識を考慮して、位置的にはこんな感じ。↓
デジカメだと東京タワーが小さくなってしまいますが、実際だとホントに大きく迫ってくるんですよ。

画像


この「札の辻橋」は、JRの線路を越える跨線橋でもあります。東京から品川へ向かう新幹線がよく見えました。
名前からすると、たぶん江戸時代には高札場(こうさつば)があったんでしょうね。

真っ直ぐ前を向いて歩く黒の視点からの風景。↓

画像


橋を渡りきると、「藻塩橋(もしおばし)交差点」。歩道橋がそびえています。
黒が走って道路を横断したシーン、背景には【芝浦三丁目】と書かれた水色の歩道橋が映ってましたね。まさにここがそう。↓

画像


この時、黒を追うジャン達も、小さく画面右手奥から現れてます(笑)。作画が細かい〜。


ここまでの道をマップでみると、こちら。 田町駅から三田口側に降りて、田町センタービルと左側のビルの間の道を抜け、第一京浜沿いに左手へ。三田署の前を通り、札の辻交差点→札の辻橋→藻塩橋交差点へとすすみます。


ひたすら早足で歩きながら、ジーンズの後ろのポケットから防弾コートを取り出す黒。バサッと広げて羽織るシーン。周囲は緑の多い住宅街。
…ここがなかなか分からなかった(汗)。

大きな通りを避けて湾岸方向に向かう細い道は幾つかあるのですが、両側が工事中だったりして風景が微妙に違うのです。眺めはこんな感じ。↓

画像


渚橋(なぎさばし)を渡る頃には、歩いている人もまばらに。コートを着込んだ黒にはちょうどいい道かも。

大丸ピーコックやお洒落な新築マンションが建ち並ぶ芝浦島を抜け、汐彩橋(しおさいばし)を渡りきると、いよいよ首都高速の下をくぐります。↓
さすがに交通量が多く、どの車もスピードを落としません。黒もちゃんと青信号で横断歩道を渡っていました(笑)。

画像


この辺りの地図はこちら。 

さあ、レインボーブリッジが間近に見えてきたぞ。あと少し。

…って、ここの歩道が分かりにくい〜〜!

この歩道なら大丈夫かな?と歩いていくと、なぜか行き止まりで出られなくなってしまう。
初めてなので、なかなか辿り着けません…。

ようやくレインボーブリッジの橋脚まで来ました。黒の肩越しに、アオリのカットが入ってましたね。

画像


で。ここからが問題。千晶の本を手に持った黒が小走りに広場へ入ってくるのですが、この広場はどこ??

素直に道を進むと、レインボーブリッジの遊歩道につながる順路に入ってしまいます…。

いったん戻り、辺りをキョロキョロ。

…んんっ、この自転車を止めるスペースの右奥に空間があるぞ…!

画像


おお、ビンゴっっ この広場に黒は走ってきたのでした。↓

画像


歩幅で計ると、大体400平方メートルぐらいの広さがあります。
契約者の能力なら、戦うのに充分かも。

向きを変えると、ジャン達が追いついて黒を囲んだ眺めに。

正面右には、千晶が広場へ入ってくる入り口があります。今日は閉まってました。↓

画像


そうか〜、黒たちはここで戦うことになるわけだ。

しかし、スタッフの皆さん…よくこの場所を見つけたなぁ。普通に歩いていたら分からないですよ。“画になる場所を探さなければ!”という情熱がなかったら難しいと思う。

周囲は大規模な工事をしている所が多いですね。
そう言えば、射るような視線を正面に向けた黒のシーンにも、かすかに工事の音が入ってました。
はぁ……、『ダーカー』スタッフさんたちのこだわりは凄い…!!


千晶の視点から見た広場の眺め。↓
ジャンが能力を発動させようと左手を突いた壁や、猫(マオ)が走ったコンクリートの部分があります。

画像


この広場は、外の道路から結構よく見通せるんですね。
道路も行き止まりではなく、斜め前には事業所もあったりします。ときどき、サイクリングを楽しむ人が自転車で通ることも。
黒たちが戦う時は、早く決着を付けた方が良さそう。

道路からの眺めです。↓

画像


地図で見ると、このマップで赤い小さな「+」のポインタがある辺り。住居表示は港区海岸3丁目。


よ〜し、決闘の場所を堪能したぞ。

最後は、運河に浮かび上がるジャンと黒のシーン

今までの道を引き返して、渚橋まで戻ります。

事前に地図をにらんでいて、あの場面に映る橋脚は東京モノレールでは?と目星を付けていたのでした。
しかし、どの辺りだろう?

運河にかかる橋に立って上流を眺めてみる。 おっ、何となく雰囲気が似てるみたい。

道路を渡り、地図を見ながら運河沿いの道を歩いていきます。

再び橋に出ました。今度は「霞橋」(かすみばし)。ここから下流を見てみよう。

これだ! 遠景から映したあの運河の眺めですよ

画像


向こう側にかかる芝潟橋(しばがたばし)の辺りで、ジャンが「ブハッ…!」と水から浮き上がってきたんですね。

来た道を大急ぎでとって返して、芝潟橋の上から上流の運河を見ます。

そう、ここです。現れた黒に気づいて運河に戻ったジャンと、その様子をじっと見守りながら黒が近づいてくるシーンの場所。

モノレールの橋脚に取り付けられた緑色の箱もそのまんまだ〜

画像


なるほど、水面から少しだけ高い位置にコンクリートの護岸があるんですね。
黒が水面へ降りてきた階段もしっかり設置されてます。

唯一の違いは、護岸の周囲に転落防止用の低い柵があることぐらい。ものすごくリアルな場面ですよ、これも。

黒が立っていた護岸を近くで見ると、こんな感じです。↓

画像


そうなのです。ここはモノレールの軌道の真下。 数分に1回はモノレールが頭上を走っていきます。

アニメでも、水から上がったジャンが息を切らせながら小石を並べている時、モノレールが通過する音が聞こえてきましたものね。

臨場感のために、もの凄い手間を掛けている作品なんだなぁ…。

地図で見ると、このマップで赤い十字のポインタがある地点が芝潟橋。 そのすぐ上流に霞橋があります。
横を通る黒いラインは、東京モノレール。


この護岸を撮ろうとしていたら、通りがかった地元の方が「何かあるのかしら?」と運河を覗き込んだり。

遊覧船が運河を下ってきて『おっ、いい感じだ』とカメラを構えていると、その船のお客さんたちが満面の笑顔で私に手を振ったり。この時は慌てて手を振り返しました(^^;)

すすすすみません、アニメの舞台を見たくてやって来た者でござんす(汗)。

この芝潟橋は生活道路でもあるので、頻繁に街の人が通るんですね。

きっと黒は、モノレールが通過した直後で、なおかつ人の目が途絶える瞬間を待っていたんだと思う。


こうして、黒たちが歩いた道をたどる小さな旅も無事終了。

芝潟橋から東に歩くと、まもなく田町駅前の大通り。駅までは400メートルほど。

たぶん黒は、サッとコートを脱いでポケットにしまい、李くんに戻ってさりげなく山手線に乗り、アパートに帰ったのでしょうね。

今回のロケ地探検に要した時間は3時間
あらかじめ画面から目星を付けていてもこれだけかかるから、実際にロケハンした『ダーカー』スタッフさんたちは大変だっただろうな……。
黒の足なら、15分くらいで済みそうですが。

スタッフの皆さま、お疲れ様です。

東京タワーもレインボーブリッジも運河も見ることができた面白い旅でした。
本当にロケって手間がかかるんだ、ってこともよくよく分かりましたよ〜。
これを26話分続けるのは、「超」が付くほど大変だと思います。

これからも楽しみにしてますので、ぜひ頑張ってくださいまし〜〜(^^)/

次回も現場へこっそり旅をするかも…。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
門司港 レトロ
門司港 レトロ(口コミ・評判を検証)[遊覧船] ...続きを見る
門司港 レトロ(口コミ・評判を検証)
2007/04/29 17:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
『ダーカー・ザン・ブラック』第2話のロケ現場を歩く アクロイアへようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる