アクロイアへようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ダーカー・ザン・ブラック』第1話〔感想〕

<<   作成日時 : 2007/04/08 03:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 7 / コメント 0

これはもう、生で観るしかないでしょう!という訳で、録画をセットした上でテレビの前でバッチリ観ました。人間、やればできる。

『ダーカー・ザン・ブラック』第1話「契約者の星は流れた…前編」。


現代の東京都心。10年前に突如発生した【ヘルズゲート】
時を同じくして現れ始めた、特殊能力を持つ【契約者】たち。
警視庁公安外事4課の若き課長・霧原未咲(きりはらみさき)は、信頼する部下達とともに契約者を追う。
やがて彼女は、メシエコード【BK-201】と呼ばれる謎の契約者が絡む事件と出会うのだった……。

なんかいいですね☆ 「今の東京」が舞台っていうのも。

ちなみに、ここで出てくる「メシエ」ってなんだろう?と思って調べてみました。
「フランスの天文学者シャルル・メシエが作成した星雲・星団・銀河のカタログ『メシエカタログ』に載っている天体を『メシエ天体』と呼び、メシエ(Messier) の頭文字をとりM1、M2などと番号で表す表記を『メシエナンバー』という。」(ウィキペディアより)
なるほどね。
『ダーカー』の世界では、本物の空の代わりに擬似的な空が上空を覆っていて、そこに輝く星たちは一人ひとりの契約者を表してるから、「メシエコードBK-201」ってことは=【BK-201】のナンバーの星を持つ契約者、ってわけなんですね。
10代の頃、『銀河鉄道999』劇場版に憧れてアンドロメダ星雲を探した時を思い出すなぁ。

主人公の黒(ヘイ)は、冒頭のシーンで冷酷に振舞います。〔コワイ面を持つキャラなんだな〕と思わせる手法。となれば、この裏返しで〔優しくて温かな人柄〕も際立つ。

川沿いのアパートを訪れた黒こと李 舜生(リ・シェンシュン)は、大家さんからテレビを直して欲しいと頼まれて「はぁ…」と断れず、しぶしぶ直してあげることに。
李くん、こっそり得意技の電撃を使ってませんか(笑)。
この時のビックリした李くんの顔とか、作画スタッフさんの遊びが見えて楽しい。

木造2階建てらしきこのアパートをなぜ選んだのか。
そこには、今回のターゲットとつながりのある女性・篠田千晶が人目を避けて住んでいたから。
玄関で鉢合わせして挨拶する時の、細かな表情や動きもボンズらしくて好き。

自分の住まいとなる部屋に入ると、押入れ、トイレとさっと開けて確認し、水道の蛇口をひねって勢いよく水を流す李くん。知らない間に敵から飲料水へ毒を混ぜられることを警戒してるのかな? かなり用心してます。垣間見えるスパイとしての顔。

部屋の窓を開けて腰掛け、裏手の川沿いの風景をぼんやりと眺める。
この時の表情は、必ずしも契約者のものではないんですね。もちろん、誰かが見ているかもしれないからっていうのもあるけど、彼の心の中にあるもう一つの「真の顔」なんじゃないかな。深読みし過ぎ?

李くんが住むアパート、東京のどの辺りにあるんだろう。新宿に電車一本で出られる感じかも。
駅からの距離にもよるけど、家賃はトイレ付きで月7〜8万円前後というところかしら。
李くんの他にも外国からの若者が住んでいるようだから、あまり高くはないですね。
川の光景なんか現実味があるし、やはり実際に監督がロケハンしているのかも。

一方、歌舞伎町と思しき夜のお店で情報収集中の刑事さんたち。霧原課長の部下のお二人です。
鳥海浩輔さん、こういう『ちょっと遊び人風で実は仕事がバリバリできる』キャラが上手いですよね。「だぁいじょうぶですよ!」のセリフ、パンプキンシザーズのオレルドを思い出しました。
堅物で真面目な刑事は、鋼でブレダを演じた志水知幸さん。こちらもピッタリはまってます。

二人が客として接している賑やかで話好きなホステスさんは、実は事件関係者としてマークされている篠田千晶。
彼女を演じているのは豊口めぐみさんなんですね〜。全然判らなかったですよ。ウィンリィやレビとはまた違う面を魅せてくれました。

気付いた二人の刑事に追われる千晶。公園に駆け込んだ彼女は、望遠鏡で星を見る李くんと出会う。
…逃げるルートも計算済みなのね。さすがだわ。

望遠鏡で星を観るってロマンチックだけど、『ダーカー』の世界では[星は契約者の投影]だから、他の敵達の動きを観察してたのかも。

ここで気になるのは、李くんが使っている望遠鏡
一番初めの冒頭で、「降るような星空を眺める少女」と「望遠鏡」がそれぞれ別カットで入ってましたね。
この少女と李くん…どういうつながりがあるんだろう? 少女は一体だれ?

可能性その1: 千晶さんが子どもの頃。今の夜空が偽者だと言っていたので。ヘルズゲートが出現する前の昔の星空を覚えている。かつて自分が使っていた望遠鏡を思い出したのかも。

可能性その2: 霧原未崎課長。ほぼ千晶と同世代だし、今はキリッとしてるけど、星空に憧れる少女時代は当然あるわけで。当然、その頃は本物の空。

可能性その3: かつての李くんの家族。妹さん? まだ彼の過去は謎でいっぱいですが、契約者になったきっかけが絶対なにかあると思うんですよね。だとしたら、妹さんが使っていた望遠鏡を李くんが受け継いで愛用しているのかも。

うーん、謎です。監督の意図はいずこ?

さて、視聴者ビックリの手段(笑)で千晶をかばった李くん。
コートを返して走り去る千晶さんを見送る彼の表情。

魅惑の変化。

いや〜、総作画監督・小森さんの技を堪能しました。何度もコマ送りしちゃいましたよ♪
こういう表情がグッと変わるシーン、これもボンズの得意技ですね。

走って走って、路地裏に隠れて刑事たちをやり過ごす千晶。この、手で自分の口を押さえて息の音を止めるシーン、これも臨場感ありました。そうだよね、息が切れてるから音が響くものね。

李くんに助けられた千晶だったけど、契約者の能力を繰り出したジャンに追いつかれ、李くんは殴り飛ばされて跨線橋から落下。「うあぁぁっ……!!!!」の叫びの木内さん、良かったです。感じがすごく出てました。
李くん、落ちながらもしっかり望遠鏡入りバッグを抱えてます。まさに肌身離さず。もしかしてあの中に、アバンタイトルで使用した武器が入ってるのかな。

気付いたのは、敵役であるジャンたち契約者も、千晶に接する時は柔らかで落ち着いた声だということ。いかにも脅してやる、っていう感じじゃないんですね。あくまでもソフトで、こうした行動が日常だと思わせる。
音響監督さんの指示は結構厳しかったかも。「今の声、ちょっと怖すぎます。もう少し優しく」とか。

遊歩道脇の人工の小川に足を浸し、千晶の居場所を探る【ドール】・銀(イン)。
電線を青白い光が高速で飛び交うのは、銀が放った観測霊だと考えていいんですよね。

迫るジャン達。逃げようとする千晶だが、ドアは電子ロックされていて開かない。
そこへ一瞬の停電。ドアから放電がほとばしる。必死でドアを開け、逃げ出す千晶。

この放電も李くんですね、きっと。すべてお見通し。

追うジャン達に、黒猫が飛びかかる。ナイスタイミング!

雨の中、脱いだ赤いサンダルを持ちながら夜の街を彷徨い歩く千晶。これからどこへ逃げればいいのか…

ふと目を上げると、そこには。

李くん、かっこよすぎだぜ☆ 偶然にもほどがあるよ(笑) でも、君だから許そう(笑)

千晶がどこを歩いているのか、常に把握していたのね。

ここで李くんが見せる笑顔。フワッと包み込むようで、優しくて。

こういう状況で、頼るなっていう方がムリ。

千晶を抱きしめている間、アップになる李くんの表情。どことなく切なそうな。
これは、仕事人・黒(ヘイ)の顔じゃないのかも。

千晶が感じている恐怖や辛さを分かってあげられる、素〔す〕の李くんの顔に近いように見えました。

ホントは、李くんが黒(ヘイ)の素顔ってわけじゃないでしょうけど。そう思いたくなるような横顔でしたよ。


そして、衝撃の次回へ。

…やっぱり、2話続けて観たいですこれは。ここで終わるのか〜!って叫びそうになりました

試写会の上映では、どこが1話と2話の切れ目か判らないように上手く繋いであったんですね。改めて、ニクいスタッフさんたちだわ☆






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『Darker than BLACK -黒の契約者-』 第1話 「契約の星は流れた…前編」
『Darker than BLACK -黒の契約者-』 第1話 「契約の星は流れた…前編」の感想です。 ネタばれ等おもいっきりあるのでまだ見てないヒトは注意してくださいね。 ...続きを見る
私ってオタク?〜一般人とオタクの間で〜
2007/04/08 16:39
「DARKER THAN BLACK 黒の契約者」レビュー
「DARKER THAN BLACK 黒の契約者」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):黒(木内秀信)、銀(福圓美里)、猫(沢木郁也)、黄(池田勝)、霧原未咲(水樹奈々)、斎藤雄介(志村知幸)、松本邦夫(福田信昭)、河野豊(鳥海浩輔).. ...続きを見る
アニメレビュー トラックバックセンター
2007/04/11 03:39
『ダーカー・ザン・ブラック』第2話「契約の星は流れた…(後編)」
『DARKER THAN BLACK-黒の契約者-』第2話、今回ももちろんリアルタイムで観ました。そうさせる何かがありますよね、『ダーカー』には。 晴れた夜空は、久しぶりにゆっくり見上げてみようと思います。黒たちに思いを馳せて。 ...続きを見る
アクロイアへようこそ
2007/04/16 22:03
『DARKER THAN BLACK -黒の契約者-』第3話「新星は東雲の空に煌く…」 (前編)
『ダーカー』第3話を今回もリアルタイムに視聴しました。。 黒やゲストキャラの心理が丁寧に描かれていて嬉しい。 ...続きを見る
アクロイアへようこそ
2007/04/23 14:02
『ダーカー』のツボを解く:主人公の過去は
『DARKER THAN BLACK-黒の契約者-』第3話で、一番印象に残っているシーン。 「二度と帰ってくんな!あんたなんか!」と舞が絶叫した時の、虚を突かれた黒の顔。 そして、黙って舞を見つめる哀しげな表情。 ...続きを見る
アクロイアへようこそ
2007/04/23 23:21
黒(ヘイ)が住む街へ
まさか存在するとは思っていませんでした…。【黒(ヘイ)が住んでいる街】。 ...続きを見る
アクロイアへようこそ
2007/05/02 16:50
フェラガモ バッグ
『ダーカー・ザン・ブラック』第1話〔感想〕 アクロイアへようこそ/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ バッグ
2013/07/03 05:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
『ダーカー・ザン・ブラック』第1話〔感想〕 アクロイアへようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる