アクロイアへようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 水島監督と浦沢直樹さんのふるさと☆

<<   作成日時 : 2007/01/30 17:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

めっちゃめちゃお久しぶりです。なんとかかんとか、彼岸から帰ってきました…。

すべてはアニメを観るために!! もはやそれしか生きる目標はないこの頃(汗)。


今月18日(木)の夜。 疲労で意識は朦朧(もうろう)としながら、遅い夕食をかっこんでいた時。

テレビを観るともなしに見ていたら、ふっと“面白そうだな”、と感じました。

それは『プロフェッショナル 仕事の流儀』

この日のテーマは「漫画家・浦沢直樹」。

コミックスは読んだことないけど、お名前はよく知ってます。電車の中吊り広告で毎週のように目にしてますし。

親しみやすい絵柄と、相反するシリアスなストーリー。(じゃないかな。あくまでも想像ですけど。)

浦沢氏の仕事場にカメラが入り、アシスタントの皆さんとの和気あいあいとした日常がまず登場。

ステレオでお気に入りの音楽を流しながら、原稿用紙と格闘する。締め切り間際には編集者もやって来る。緊張の数時間後、無事に原稿を渡せた時の笑顔。

一方で、長年の連載生活で極限までボロボロになった身体。思いがけない長期休載を余儀なくされ、苦悩は深まっていく。自分への挑戦を、止めるわけにはいかない。

そんな中、少年時代から愛するロック。仲間たちとライブハウスで歌いまくるときは心が解放される。この上ないリフレッシュ。

番組のスタジオにもご本人が招かれ、創作の苦闘、それでも描き続けていく情熱を語ってくれました。


で。 一番最後に、【少年の頃住んでいた街を浦沢氏が再び訪れ、元気をもらう】シーンが紹介されたんですね。

駅前通りとおぼしき場所で、一軒のプラモデル屋さんに入っていく浦沢氏。

……あれ???すごい既視感が……!!!

このお店、鋼の水島精二監督がプレミアムDVDで登場させたおもちゃ屋さんだ〜っ!!(^▽^)
→詳しくはこちら

これね、去年の4月に行ってきたのでした。現在のエドが住んでいて、ちびエド・ちびアルたちが遊びに来る、あの街。

水島監督と浦沢直樹氏は、同じお店で遊んでおもちゃを買って、少年時代を過ごしていたんですね。

「いいなぁ、変わってないな。これ、買っちゃおうかな」と、フィギュアを手に童心に返った笑顔の浦沢氏。

テレビカメラが来る!というわけで、お店の前は綺麗に片付けてあって微笑ましい♪


東京都府中市、京王線府中駅前。 そこは、未来の著名クリエイターたちのふるさとだったのでした。

なんかすごい!!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
水島監督と浦沢直樹さんのふるさと☆ アクロイアへようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる