アクロイアへようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『オトナアニメ』で桜蘭高校ホスト部が大特集

<<   作成日時 : 2006/11/06 15:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

お久しぶりです〜…。実に10日ぶり。

生きておりました、ハイ。目が回りそうだったけど。

アニメの録画もたまってきたなぁ。どんどん消化していかねば。


昨日は珍しく本屋を覗いてきました。

発見。『オトナアニメ Vol.2』。洋泉社から1,000円で出てます。

タイトルで銘打っているとおり、「大人が観て面白いアニメ」がテーマ。

表紙は“時かけ”(時をかける少女、ね)。

どっちかというと、と言うより圧倒的に、男の人をターゲットにしてると思う。

色っぽいとかじゃなくて、取り上げている作品で多めなのがロボット物やアクション物。

ところがなんと、『桜蘭高校ホスト部』を大々的に特集してるんですよ〜☆

しかも14ページも!!

高橋久美子さんが描くメインビジュアルとともに、「男だって『ホスト部』を観ないと損だ!! 」とのメッセージが。

イラスト入りでキャラの紹介、第25話までのダイジェスト、ハルヒ役の坂本真綾さんへの写真付きインタビューなどなど、めいいっぱい詰まってます。

極めつけは【榎戸洋司さんへのロングインタビュー】

アニメージュなどの若い層向けアニメ誌では語られなかった《ホスト部の裏のウラ》が読めます。

『ラーゼフォン』(れんげちゃんの水着コスプレ(?))や往年の作品などのパロディを取り入れる際も、出版社側と念入りに打ち合わせたり、出渕 裕氏(ラーゼフォンの監督を努めました)と飲みに行ったり。

榎戸さんの熱いエネルギーがほとばしる!!

ホスト部の物語については、「メンバーたちは切迫感を持ってあの部にいるんだと思います」と解説。

なるほど〜。自分が無くしたもの(ハルヒにとっての兄弟やお母さん、環にとっての温かな家族、光や馨にとっての本当の友だち)を、ホスト部で補うことができていたんだね。

いわば「擬似家族」
いつかは終わりを迎えなければならないけど、その瞬間までの束の間の【安息の時】。

恋愛に変われば、その輝きは失われてしまう。

だから、より一層『ホスト部』は明るく華やかに輝き続ける…。

榎戸さんの言葉に納得です。


ちなみに、ホントに小さな写真ですけど、榎戸さんのお顔を拝見できます♪



オトナアニメVOL.2




オトナアニメVOL.2 (洋泉社MOOK)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
『オトナアニメ』で桜蘭高校ホスト部が大特集 アクロイアへようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる