アクロイアへようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメージュ10月号を買いました

<<   作成日時 : 2006/09/11 10:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今度こそは!と、発売日に『アニメージュ』10月号をゲット。
関東では“早売り”がないんですよね。近畿地方がうらやましい!

表紙は最終回目前のBLOOD+から小夜とハジ。

まず開いたのが「キャラクターベスト30」。

5位:ハジ(前回より↑)
6位:須王 環(前回4位↓)
7位:鳳 鏡夜(前回20位↑)
8位:藤岡ハルヒ(前回5位↓)
13位:エド (前回16位↑)
15位:音無小夜(前回と同じ順位)
21位:常陸院 光(前回17位↓)


ややや、鏡夜くんがググ〜ッと伸びましたね。
紹介文でも「ハジや鏡夜たち“クール系”が目立つ。キングこと環をおびやかす?」とあるし。

今回は投票してみようかな。
本命はやっぱり大佐なんですが(^^)

ここは一つ、たまちゃん(環)を助けてみるか!


冒頭の特集は【桜蘭祭へようこそ☆】

ハルヒや環の学園祭を予想して紹介。

一番最初が、高橋久美子さんのイラストなんですよ!!(>▽<)

ソファーでポーズを決める環を中心に、ハルヒやホスト部のメンバーが和みつつカメラ目線。

癒されます〜☆

次のページには矢崎優子さんの楽しいイラストがあるし。

ぜひ見てみてください!

で、坂本真綾さんや宮本真守さん、松風雅也さん、鈴村健一さん、藤田圭宣さん、齋藤彩夏さんのワイワイ対談。

みんなの中で印象に残っているシーン、自分にとっての桜蘭ホスト部、ファンのみんなへのメッセージ。
皆さん、ホントにホスト部が好きでいてくれたんですね。
もっともっと続いてほしい、という気持ちがビンビン感じられるんですよ。

「『終わって悲しい』『続編を!』となるよりも、まず26話で完結するストーリーを噛みしめて味わってもらって、その上で続編をつくって、と思ってもらえたら嬉しいです。続編の可能性もあると思いますから、ぜひ応援してください!」

うんうん、待ってますよ〜(*^◇^)/゚・:*

特集最後の五十嵐監督と脚本の榎戸洋司さんの対談もグッド。

ホスト部アニメを生み出す上での工夫、ツボ、裏話が。

特に面白かったのが【ピンクの話】

五十嵐監督「ホスト部のメインカラーをピンクにしよう!と提案したら、みんなビックリしていましたね。ボンズは今までリアル志向のアニメを作ってきたから、たぶん思いつかなかった色なんでしょうね。今は慣れましたけど(笑)。」

榎戸氏「ホスト部のピンクは、セクシャルな感じがしないんですよね。ピンクの一番綺麗な部分、素敵な部分を抽出した色。ホッとできるピンクなんですよ。」

五十嵐監督「そうかもしれないですね。」


ふむふむ。確かにボンズは鋼や『カウボーイ・ビバップ』、『ウルフズレイン』などの重厚な作品が中心でしたものね。
『スクラップド・プリンセス』もあるけど、あまりピンクなどのカラーを前面には出していなかったなぁ。
ボンズの新しい一面を切り開いたホスト部☆

ホスト部カラーのピンクを“みんながホッとできる色”と見た榎戸さんにも納得。
なるほど。ピンクに本来つきまとう〔色っぽさ〕を超越した、優しいカラーになっていますよ。

目からウロコだ!


10月からの土6の顔『天保異聞 妖奇士』も、【奇士(あやし)、出動せよ!】のコピーとともに見開き2ページで描き下ろしイラストが。

今月のイラスト担当は逢坂浩司さん。

今までの黒を主体とした色調から、カラッと江戸晴れ!の明るいタッチになっています。
主役の竜導さんも元気な笑顔♪

錦織監督のインタビューも面白いですよ。

【主人公の竜導往壓(りゅうどう ゆきあつ)は最初はちょっとだらしなく見えるんですが、割と早くヒーローらしくなっていきます。】

【ストーリーは『C.S.I.科学捜査班』のような科学サスペンスを目指しています。初めの7話くらいまでは話がつながっていき、その後はほぼ一話完結で問題を解決していくスタイルで。】

【一話ずつでまとまっていきながらも、蛮社改所(ばんしゃあらためしょ=竜導さんたちが所属している)がどうなっていくのか、それぞれの人物は何を目指すのか、異界に対する能力は何を表すのか、そういった大きな背景を描いていきます。】

【妖夷(ようい)を料理して美味しくいただく場面は、みんなでわいわい楽しむアットホームな感じになりますよ。それまでちょっとシリアスが続いていても、食事のシーンは温かな場所にしたいですね。】

【ヒーローの竜導往壓 は39歳。アニメの主人公としては従来なかった年齢なんです。でも、かつてのヒーローはそうだったのではないか、と。視聴者が憧れを持って見つめ、グイグイ引っ張っていってくれるようなキャラクター。僕は今まで等身大の主人公を描いてきたのですが、初めて挑戦してみたいと思います。】

【僕も、原作&脚本の會川昇さんも、主人公とほぼ同年代。経験してきた僕らだからこそ描けることを盛り込んでいきたいですね。】


期待してます監督〜!!(≧o≦)ノ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚


後半の“フリースペース”では、ホスト部の大特集。
アニメージュ読者から寄せられた力作揃いのイラストを、キャラデザ&総作画監督の高橋久美子さんが選んでいきます。
一つ一つに付けられたコメントがツボ!

なんと五十嵐監督や設定の森高登さんも選者に加わり、最終回間近の怒濤のスケジュールをものともせず盛り上がって選んでくださったとのこと♪

高橋久美子さんによる“ホスト部を描くコツ”は、
「まずは原作をじっくり見て、…あとは『愛』ですか…?…」

むふふ、ちびキャラのハルヒや環たちがかわいい!

自画像に【さるばば】と書き込むお茶目な高橋さん。

あああ、原画展があればすっ飛んでいきますよ〜〜!!

いかがでしょうアニプレックス様! 日テレ様!


アニメージュ 2006年 10月号 [雑誌]





アニメージュ 2006年 10月号 [雑誌]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
アニメージュ10月号を買いました アクロイアへようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる