アクロイアへようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 〜鋼アニメの極意・子ども篇〜

<<   作成日時 : 2006/04/06 17:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

もうそろそろネタバレをいきなり書いても大丈夫、かな。

この「子ども篇」は、【ちびロイがいる!!】 まずそこに驚いてしまって。
監督、有り難うございますっ!!

ちびエド、アル、ウィンリィももちろん可愛いし、エドは100歳で東京暮らしなのね♪とか、見どころが盛りだくさん。
「これが鋼の動く映像を作る最後なんだ、頑張って良いものを作ろう!」という覚悟がビンビンきます。
短いし、セリフも少ないけれど、でもとても充実してる。
そのセリフも厳選されています。
言葉に頼らず絵で魅せよう、との意図が成功しているんですね。
ご馳走様でした! 本当にいい仕事を見せていただきました。

監督が『アニカン Vol.18』で語ったところによれば、子ども篇は劇場版の時のようにすべて現地でロケハンをしたんですね。
冒頭のロングショットに都庁舎が小さく見えるし、ガードレールの形などから、場所はおそらく都内。
ボンズがある杉並区かな?
一つ一つ、カットを丁寧に積み上げています。
これ、全部設定画が描き起こされたのでしょうね。すごいなぁ…。
特に背景描写は、まるで劇場作品のような完成度。
壁に貼られた新聞の切り抜き。あたかもドキュメンタリーを見ているような凝り方です。

制作時間は相当短かったはずなのに、全くそれを感じさせないんですよ。
名作、と呼んでもいいと思う。

これがただ一つの結論なのではなくて、観る側に想像の余地を残して『こういう選択肢もあるよ』と見せてくれた監督、會川さん、スタッフの皆さん。


本当にありがとう! 愛してますっ!!




鋼の錬金術師 PREMIUM COLLECTION


鋼の錬金術師 PREMIUM COLLECTION [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
〜鋼アニメの極意・子ども篇〜 アクロイアへようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる