アクロイアへようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『声優アニメディア』を買いました。大川さん!

<<   作成日時 : 2006/04/13 14:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本屋さんで最後の1冊でした。
3月上旬発売の『声優アニメディア Vol.10』を購入♪
おなじみアニメディアと同じく学研が発売元。

お目当ては大川さんの鋼インタビュー。
1ページまるまる載っていますよ〜!!
アフレコスタジオでの写真入りで、記者の方の質問に答える形で大川さんが熱く語ります。
こんな感じです。↓

Q.大川さんにとって鋼の錬金術師とは?
「舞台から役者の仕事を長いこと続けていますけど、役者としても、声優としても、大川透にいろんな影響を与えてくれました。スタッフの『面白いものを作るぞ!』っていう気持ちが伝わってきたし、演じていても楽しかった。本当、ひと言では語りつくせないですね」

Q.キャラクターソングをお出しになったり、イベントではそれを大観衆の前で歌ったりと、幅広い活躍でしたね。
「いやもう、その話はやめましょうよ(笑)。今考えても顔から火が出る思いです。マペット劇の吹き替えとかも演っていたので、作中で歌うとかはけっこう経験あったんですが、まさか自分のCDが並ぶとは……。ジャケットが見えるように置かれているならまだいいんですよ。見えるのはあくまでロイ・マスタングですから(笑)。でも、背が見えるように置かれていると、僕の名前が見えちゃうんでねぇ、気恥ずかしかったです」

Q.新作映像(の鋼OVA)では、各キャラクター視点による『劇場版の打ち上げ』が描かれているそうですが、その見所は?
「アニメ本編や劇場版はシリアスで重いお話でしたけれども、それとは180度ちがった、軽くてノリノリの作品です。ロイがリザ・ホークアイに冷たい扱いを受けていたりと、なかなか衝撃的。別の機会で水島監督や會川さんとお会いした時、絵コンテをみせていただいていたんですが、もうその時から『早くやりましょうよ!』って楽しみでした(笑)」

Q.では、ロイの見どころをひと言で言うと?
「えー、そうですね。『実態はこんなものさ!』(笑)」

Q.〔鋼OVAの収録は〕劇場版以来のアフレコとなりましたが、久しぶりにキャストが揃った現場は、どのような雰囲気でしたか。
「久しぶりにみんなに会えて楽しいね、って言ってましたね。何と言うんでしょうか、自分の家に帰ってきたような感じでした」

Q.それでは最後に、ファンへのメッセージをお願いします。
「劇場版の時点で終わりだと思っていた『鋼の錬金術師』が、こういう形で続いたというのが驚きであり、喜びでした。『鋼』は、僕らにもそうですけど、見てくれた皆さんにも、いろんなものを残してくれているんじゃないかなと思います。それが、これからもずっとみんなの中に残ってくれたら嬉しいですね」

大川さんが鋼に深い思い入れを持っていてくださって嬉しいです。
本当に有り難うございます!!

見かけたらぜひぜひ買ってみてくださいね。
朴さんの撮り下ろしも載っています。


声優アニメディア 04月号 [雑誌]



声優アニメディア 2006年 04月号

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
『声優アニメディア』を買いました。大川さん! アクロイアへようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる